キャットフード

【口コミ評判】『カナガンキャットフード』を実際に愛猫へ試した本音の感想レビュー!

【口コミ評判】『カナガンキャットフード』を実際に愛猫へ試した本音の感想レビュー!

スコティッシュフォールドの子猫の『きなこ』も生後6ヶ月を迎えるまでに色々なキャットフードを試して来ました。

色々な口コミやランキングを見ながら、実際に試して喰い付きも良かったのが『カナガンキャットフード』!

この『カナガンキャットフード』の口コミ評判とを実際に愛猫へ試した本音の感想レビューをご紹介していきます!

『カナガンキャットフード』とは?選ばれる3つの理由

『カナガンキャットフード』とは?

カナガンキャットフードは、イギリス産の高級グレインフリーキャットフードです。

輸入・販売は株式会社レティシアンが行っており、高品質なキャットフードとして常にランキング上位に登場するためネットなどで目にしたことも多いかもしれません。

このカナガンキャットフードが選ばれている3つの理由をご紹介していきます。

1,グレインフリー(穀物不使用)のキャットフード!

グレインフリーキャットフードとは?

このカナガンキャットフードは、「グレインフリー(穀物不使用)」にこだわって作られたキャットフードです。

猫は完全なる肉食動物なので、人間のように炭水化物ではなくタンパク質をエネルギー源として活動しています。

つまり猫に対してトウモロコシ・小麦・大麦などの穀物は、消化器官の異常・皮膚・トラブルなど、アレルギーを引き起こしやすいと考えられていますが、粗悪なキャットフードではかさ増しのため穀物を混ぜていることも多々あることが...。

これに対して、カナガンキャットフードは“穀物完全不使用”のレシピを採用しており、原材料はすべて猫が栄養を摂取できるものだけを厳選しているのが特徴なのです。

2,人間でも食べられる原材料を厳選!

カナガンは人間でも食べられる原材料を厳選!

そして、カナガンキャットフードの成分は「人間でも食べられる原材料」を厳選。

いわゆるフューマングレードのキャットフードで、人間用の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用し、タンパク質はもちろんビタミン・ミネラルなどをバランス良く配合。

愛猫の事を考えられた魅力的なフードの成分となっています。

3,徹底した品質管理と安全への取り組み

徹底した品質管理と安全への取り組み

カナガンキャットフードの工場はイギリスにあり、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の定める厳しい基準をクリアした施設です。

原材料の仕入れから生産・最終製品の管理までを徹底し、安心・安全のフードを提供しています。

カナガンの賞味期限チェック

また、製造では厳しい品質管理が設定されており、品質テストは製造前・製造後の2回に。

パッケージに印字された番号で、それぞれの原材料の調達先や日時まで。さらにパッキングまで完了した製品には、全て製造番号を付けて管理することで生産日・どの原材料がいつどこから来たのかまでを完全に把握。

そして、回の生産ごとに必ずサンプルが取られすぐに専門家が最新の装置で品質検査を行い、合格したサンプルも全て30ヵ月間にわたって保管。

出荷後も品質に問題がないことを確認できるよう、フードを使い切るその最後のときまでしっかりと品質をチェックしているのがカナガンキャットフードなのです。

実際に『カナガンキャットフード』を試した感想

『カナガンキャットフード』を試した感想

それでは、実際に『カナガンキャットフード』を試した感想をご紹介していきます!

カナガンは、1袋約1,5Kgのサイズ感。猫ちゃんにもよりますが、ウチのきなこだと約1ヶ月分といった感じでしょうか。

パッケージ裏に賞味期限

イギリス産ですが、日本語でしっかりとパッケージに説明書きが入っています。

賞味期限は背面に印字。

フードを上げる目安

こちらはカナガンキャットフードをあげるおおよその目安ですね。

カナガンキャットフードのサイズ

このカナガンキャットフードはかなり「大粒」なタイプ。小粒のキャットフードと比べると2倍前後あるかもしれません。

フードの対象年齢は特に指定無く、「猫の全ライフステージ対応」とのことだったので生後3ヶ月ごろからフードを切り替えていましたが身体が小さいときは食べづらいかも。

また、フードの臭いはお肉系の配合なので結構強めですね。

潰して食べやすくしたカナガンキャットフード

猫ちゃんの場合は、フードを咀嚼(バリバリ噛む)よりはそのまま飲み込んでしまうことが多いので問題ないと思います。

ただ、身体た小さいときはフードを砕いてあげた方が食べやすいかもしれません。(ジップロックへ入れて砕くとこんな感じです)

愛猫に選んでもらった『カナガンキャットフード』の感想

動画にも入っている通り何種類かキャットフードは試してみましたが、きなこには『カナガンキャットフード』が1番良い喰い付きでした!

大粒なことや強めの臭いなどは心配でしたが、それが良いのかきなこにはとても合っているようでよく食べてくれますし毛並みもツヤツヤに。

成猫になるまでの1年で一気に身体が成長する時期なので、成分が良く相性の良い『カナガンキャットフード』が見つけられて良かったと感じています。

『カナガンキャットフード』の口コミ評判

私は40代の女性で主婦です。アメリカンショートヘアのメスを飼っています。これまでスーパーで売られている安価なキャットフードを買っていました。しかしお腹の調子が悪く、軟便が続いていたことからカナガンを購入することにしました。カナガンは美味しいようで食いつきが良く喜んで食べています。グレインフリーで人間でも食べることのできる品質の良さなので安心して与えることが出来ています。チキンやサツマイモや海藻などが入っているので、栄養面でも満足しています。お腹の調子も良くなってきて、良い便が出るようになりました。ただ、値段がかなり高いので経済的には大変になりました。もう少し値段を下げるか量を増やしてもらえると助かります。
アメリカンショートヘアの女の子のご飯に『カナガンキャットフード』を購入しています。グレインフリーだからか、偏食気味なうちの子も喜んで食べました。最初は結構な金額だったので、存在は知っていましたがスルーしていました。しかし一度試供品を安価で手に入れる機会がありまして、軽い気持ちでゲット。そしてうちの子に数粒だけおやつ代わりにやってみたところ、すごい勢いで食べ終わってしまいました。食の細いうちの子は新しい餌に対する警戒心で中々食べ始めてくれないので、これには驚きです。試供品なのですぐになくなってしまったので、思い切って商品を購入。今も喜んで食べています。ただやはりちょっとお高いので、病院帰りなどの頑張った時や、夏バテなどの元気がない時などに登場する、特別食として与えています。
訪問介護の仕事をしている44歳の女性です。7歳と8歳になるオスのMIX猫を2匹飼っています。7歳の猫が尿管結石があり療法食が必要です。この猫は幸い何でも食べてくれる猫で療法食も食べているのですが、8歳の猫が療法食は嫌で、好み一般フードをあげてもよいのですが、そうすると尿管結石のある猫も一緒に一般フードを食べてしまうので、なかなかよくならないことが続きました。それでネットで調べてカナガンは尿管結石の専用のフードではないけれど適していて、さらに食いつきが良いと口コミになったので試してみることにしました。そうすると8歳の猫も気に入って食べてくれるようになったので、現在は療法食とカナガンの2種類を出しています。尿管結石の猫も療法食よりカナガンの方が気に入ってたくさん食べているのですが、尿管結石の再発はぐっと少なくなり品質の良さを感じています。チキンが主原料で美味しいフードで、療法食ではないけれど品質は良いということがメリットだと思います。デメリットは高たんぱくなフードなので腎臓が弱ってきた時には注意が必要だと思っています。2人ともシニアに差し掛かっているので健診などで気を付けつつ、その都度合ったフード選びは必要だと思いますが、現在はカナガンで健康なので続けていきたいと思っています。
雑種の雄猫を飼っています。専業主婦・42歳・女性です。大切な我が家の家族ですから、このお仕事を始めて国産ペットフードだからと安心は出来ないことが分かり慌てて品質に拘って選ぶようになったのです。外国製とはいえ、欧州ペットフード工業会連合の基準をきちんと満たした製品とのことです。栄養バランスもきちんと考えられており、でもドライフードなので規定量を与えてやりさえすれば必要な栄養成分が摂取できるという楽ちんさはありがたいです。グレインフリーなのもいい、今まで購入していた製品は安いと思ったら穀物がたっぷり入っていました。ちょっと粒が大きめなのはデメリットかも、今はまだ良いですがもう少し年齢が上がってくると食べるのが大変になりそうですから砕いてやることにします。
猫の食い付きが悪くなってきた頃に友達の勧めであったカナガンキャットフードに変えてみたら、よっぽど美味しい味だったのか前の市販のキャットフードよりも食い付きが良くなり全部食べてくれるので良かったです。カナガンキャットフードに変えてからの便の状態、毛並みの状態などもとても良好でしたので、カナガンキャットキャットフードに変えて満足していますし、これからも可愛い猫の為に与え続けていきたいです。反対に悪いなと感じることでは、カナガンキャットフードの価格が市販のキャットフードよりも高くかかってしまっていますので、価格に対しては良くないかなと思っています。気持ちもう少し安く買えるようになると嬉しいですし、まとめて買えるのになと惜しいなという思いですね。
介護士として働く58歳女性です。16歳になる高齢のMIX猫(雌)と暮らしています。15歳位になってから、健診で年齢にしてはとても健康だけれど年齢的にそろそろシニア用のフードにすると良いと言われ様々な療法食を試しました。ただなかなか気に入って食べてくれるものがなく、ネットでシニア向けではないけれど質が良く食いつきが良いと評判のよかったカナガンキャットフードをあげてみることにしました。もともとチキン味が好きということもあり、カナガンはチキン味だったので、初日から気に入ってたくさん食べてくれました。そして高タンパク質のチキンが60%配合され、穀物の配合量はごく少ないので、筋肉が弱っていく高齢猫のためにとても良いそうです。そして同時に吐き戻しが少なくなりました。品質が良いからか割と小粒だからかわかりませんが、吐いてしまうことがほとんどなくなったのも嬉しい変化です。現在16歳になりますが悪いところもなく元気に過ごしています。デメリットは特にありませんがしいて言えば1.5キロのパックで個包になっていないことです。パッケージはチャック付きで、袋もしっかりているので問題ないのですが、高齢猫1匹なので1.5キロでもなかなか減らず鮮度が少し心配にはなります。1週間程度で食べきれるような個包パックもあるといいなと感じています。
自分の飼っている愛猫は、「スコティッシュフォールド」で「女の子」です。飼い始めた頃から「カナガンキャットフード」を与えているのですが、保存料や着色料、炭水化物は猫の身体に良くないと聞いていたので、添加物不使用のカナガンキャットフードを選びました。カナガンキャットフードを選んで良かった点としては「いつも毛づやも良く、便もいい感じに出ており、元気に育っている」ことです。カナガンキャットフードは人間の自分でも美味しそうな匂いがするのですが、当然のごとく愛猫はバクバク食べています。飼い始めた頃からあげているので、大きく変わったところはわかりませんが、いつも毛づやが良く、便も毎日ちょっどいい硬さのものが出ているので、元気に育ってくれていると感じています。カナガンキャットフードの悪い点としては、分厚くて、「きっちりと封入しています感」はあるのですが、折り曲げにくく、少しの隙間から空気が入ってしまい、残りのキャットフードのカリカリ感が後になるほどなくなってくるところです。保存のしやすいチャックを付けてくれたらいいのにと感じます。
雑種の女の子を飼っています。良かった点は、非常に食いつきがいいです。カナガンにする前のキャットフードでは残すことも多かったのですが、カナガンにしてからは残すこともなく、おかわりを要求するぐらいになりました。ご飯の前に「ごはーん」と言えば、走って寄ってくるようになるほど好物なようです。また、毛並みが良くなりました。前まではごわついていたこともあったのですが、毛が柔らかくなりふわふわな毛並みに生え変わりました。食べ物でここまで身体に変化が出ることに驚きましたが、カナガンはグレインフリーで猫の身体にとっても良いとのことなので、今後も継続していきたいと思っています。悪かった点を上げると、猫に対しての悪い点といえば、食事の要求が強くなったことぐらいで、飼主側としては値段が比較的高めということです。
カナガンキャットフードを我が家の猫ちゃんに与えて良かったのはやはり以前よりもかなり食いつきが良くなったというのがあった点です。こちらの原材料は安全な物が使用されているという点でも安心感があって良いです。ただに匂いが少しきついと感じたのは気になりました。またこちらのキャットフードを与えるようになってから毛に艶が出るようになって前よりも健康的になりました。ただ、カナガンキャットフードはカロリーが高めなので毎回与える事はしてないです。毎回だとカロリー摂取はが過剰になると思ったのでそれまで与えていたキャットフードと交互に与えるようにしています。おかげで飽きずに毎回美味しそうに食べてくれていますし、太りすぎにもならずに健康に過ごせているように思います。

※自社調べ

まとめ

【口コミ評判】『カナガンキャットフード』を実際に愛猫に試した本音の感想レビュー!まとめ

今回、愛猫スコティッシュフォールド愛のきなこが選んだのは『カナガンキャットフード』でした!

ランキング上位のキャットフードだけに、ネットの評判は良い口コミ・悪い口コミも色々ありますが猫ちゃんとの相性が大事なので1度試してみると良いかもしれません。

ちょっぴり値段はお高めですが、猫の健康を考えるとキャットフードだとても大切。

この『カナガンキャットフード』のレビューが愛猫のためのキャットフードの参考になれば嬉しく思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
▼応援ポチお願いします▼
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

-キャットフード
-,

Copyright© ねこはっく , 2020 All Rights Reserved.